川越の美容院・美容室organic[オーガニック]のパーマのこだわりページです。

Mission Statement

技術のこだわり

パーマのこだわり

お客様のなりたいイメージにより近づけられるように、髪質や手入れのしやすさを大切に 考え、似合うパーマスタイルを提案させていただきます。
例えばパーマをかけるのが初めてと言う方や、パーマに対して抵抗のある方には、ヘアーアイロンや ホットカラーなどを使って髪を巻き、しっかり仕上がりのイメージをより実感していただけるようにし、 提案の幅も広げていきます。
また、パーマによる髪のダメージを最小限にする為にパーマ液をつける前の前処理剤や、 ロットを巻くときの毛束の厚み、カットによるデザインにもこだわります。
前処理剤は髪の ダメージによって使い分け、しっかりと髪にケラチンを浸透させます。毛束の厚み(スライス幅)は ウェーブやカールの動きを左右する大事なポイントなのでスタイルにあったバランスが必要になります。

  • How To Parm
  • 薬剤について

デジタルパーマのこだわり

オーガニックのデジタルパーマは、表現しにくい硬くなりがちなカールを柔らかくしなやかに まとめていきます。
なぜならチオグリコール酸(パーマ液)ではなく、化粧品認可されたシステアミンといわれ るカールローションで、カールを構成しているからです。それによって実現した大きくゆるやかなウェーブは、 高い持続力に加えて再現性にすぐれているだけでなく、ケアプロテクト効果(前処理剤など)によって手触りの 良さやツヤ感をアップしました。
お客様には、より一層長く施術後のベストコンディションと簡単ヘアースタイリングを楽しんでいただけます。
髪と同じ成分(ケラチン、アミノ酸、タンパク質)やアボカド油などの油成分が配合された前処理剤が、 順番に1つ1つしっかりと髪の内部に浸透していく為、髪に馴染みがよく、毛髪にこれまで以上の優れたツヤ感を与え美しいウェーブやカールを作る事ができます。

  • How To Digital Parm
  • 前処理

ストレートパーマのこだわり

オーガニックでは、カウンセリングと毛髪診断が一番重要だと考えています。
どのような髪質、ダメージ、なりたいスタイルによって大きくかわるからです。オーガニックでは、真っ直ぐすぎる(不自然な)ストレートにはせず、柔らかい質感を残すようにします。また、クセの出方の場所やダメージによって、薬剤を使い分け ていきます。クセが強い部分には、チオグリコール酸のしっかりと伸ばす薬剤を使用し、逆にクセの弱い部分や前髪 のような自然な丸みを残したい部分には、システアミン酸の弱い薬剤を使用して大きく丸みをもたせたアイロン操作 を行っていきます。そしてオーガニックでは「縮毛矯正するほどでもないし、ストレートパーマは、気が進まない。 手軽にできるのなら、なんとかしたい」と言う方の髪質をコントロールする「コスメクリーム」をご用意しております。 幅広い表現力で落ち着きのある髪を2ヶ月持続させていきます。パーマ液のような医薬部外品ではなく、ダメージを 最小限に抑える為の「化粧品認可」された優しい処方ですので、お気軽にお試しできます。

  • How To Straight Parm
  • アイロン操作

私達にできること

技術の練習は、外部講習はもちろん、ウイッグ、モデルなどで、日々努力をし その人らしさや、時代の流れも、常に意識しております。

オーガニックはその人だけの為のヘアースタイルにこだわり続けています。

パーマのこだわり

How To Parm

オーガニックでは、ウエット(濡れた状態)とドライ(乾いた状態)で、毛流や、 髪のくせを見ながらカットしていきます。お客様ご自身で仕上げた時にくせの出方が変わると言うことがないように、 しっかりその状態を見極め、必要に応じて切り方を変えていきます。ブラント、スライド、ストローク、 セニング、レザーカットなどを用いて、動かしたいのか?抑えたいのか?どうなりたいのか?に応じてカット していきます。特にくせのある方には、有効です。

パーマのこだわり

薬剤について

パーマをかけるうえで大事なパーマ液には、しっかり安全な薬剤を使用しております。 オーガニックでは効果の違うパーマ液を幅広く揃えており、お客様の髪質やダメージによって使い分けております。 ヘアースタイルをつくるうえで髪質やダメージは人それぞれです。 お客様のなりたいイメージを大切にし、 パーマをかけたことによってより綺麗なヘアースタイルになっていただく為に、わたしたちは薬剤の選択をとても大切にしています。

デジタルパーマのこだわり

How To Digital Parm

オーガニックでは、お客様の個性に合った価値のあるデザインのご提案を大切にしております。 「美しいウェーブ」を求めるだけでなく、「自分に似合うデザイン」を求めるお客様が増えています。顔を小さく 見せたい、目を魅力的に見せたい、頭の形をバランスよく見せたい、などお客様のご要望はまさにオーダーメイド 感覚になってきています。そんな微妙な、ニュアンスの演出を可能にします。髪に優しい化粧品認可のパーマ剤で ダメージを最小限に抑えつつ時代にあったウェーブサイズ、動き、流れをしっかりとご提案させていただきます。 お客様ご自身のバランスとフォルムを見極め、直線と曲線、重さと軽さの方向づけをすることで、お客様のなりたい イメージを尊重しつつ、デザインのご提案が、豊富になります。

デジタルパーマのこだわり

前処理

オーガニックでは、髪のダメージを最小限に抑え時間が経ってもより美しいウェーブスタイルを 楽しんでいただけるよう、お客様の髪質に合わせたベース作りを心がけております。6種類の前処理剤「ケラチン、 コラーゲン、シルク、卵殻膜タンパク質、トリートメント、アミノ酸」を髪の内部にしっかり閉じ込め傷んだ毛先 への薬剤過剰な作用防止、内部からのハリ、弾力感を与えます。また、毛髪に近いアミノ酸組成を持つケラチンは、 損傷部分を保護し保湿力を向上させ、しっとり感と柔らかさ、艶感をあたえることができます。

ストレートパーマのこだわり

How To Straight Parm

オーガニックでは、新生毛に適したものや、繰り返しストレートパーマをしている毛髪に適したものなど 、お客様の髪の状態やなりたいヘアースタイルによって使い分けています。チオグリコール酸やアルカリの配合量が多い効果の高いストレートパーマ液は縮毛の方に向いていて、システアミンのような化粧品認可の薬剤は、 既染毛に適しています。 また、システアミンは、ダメージを受けた部分に(アルギニンやグルタミン酸)などの補修成分が効果的に作用しながら、 気になるボリュームやクセをしなやかに自然にまとめます。

また、オーガニックでは、施術の時に使用する前処理剤も目的に応じて使い分けています。1つは、ダメージの進んでいる毛先などを 保護する働きの前処理剤です。髪の表面に皮膜を作って薬剤の力を弱めるので、手触り感を良くし、しっとりとして自然なストレート 感を出すことができます。もうひとつは、髪にハリ、コシを与え補修する働きのある前処理剤です。ケラチンやコラーゲンなど保湿剤が配合されていて髪の内部に作用するので、ハリやコシを与え弾力のある髪に近づけることができます。それによって、適度なボリューム 感のあるナチュラルなストレート感を出すことができます。

ストレートパーマのこだわり

アイロン操作

ストレートパーマをかける際、アイロン操作を行っていきます。アイロンは、 60℃~180℃までと幅広い温度設定があり、ストレートパーマをかけるにあったて重要な施術の1つになります。オーガニックでは、アイロンの温度設定はダメージと髪質でセレクトします。それは熱伝導の原理によるもので、髪の中を熱が伝わっていく速さは髪質が大きく関係するので、温度調整はとても重要なのです。